ブログ一覧

一歩先、一段上へ。

昨日、ある生徒とじっくり話す時間を設けた。

成績が上昇し始めたあとに訪れる「踊り場」。
成績が上がりにくくなってきた状況をその生徒が自覚した、と確認できたので私は、その生徒に丁寧に話し始めた。

勉強時間・環境の管理が甘くなっている、という見立て。
その見立ては、図星だったようだ。
作業[work]が増え、勉強[study]が減っていた。
あなたが思っている以上に、皆は勉強[study]している。

塾に通う時間帯が昔と違って揃わなくなったいま、ヒマにしている友だちを探しながら話し続けていたら結局、自分が一番勉強[study]していないことになる。
LINE,twitter,instagramを、自分のすべきことの阻害要因にしてはいけない。使い方も気を付けるように…

まず、自分の置かれている状況を認識させた。

つぎに、自分のこれからをどうするのか。
自分のいまを変える必要がないのか。誰も見ていない、誰もいない自室で誘惑に負けず、勉強できるのか。

私は、はじめから学習に関して
あれこれ強制などはしない。
必要ならば、そのときからコントロールを始めたらいいと思っている。
「自律」が必要だ。勿論、依存はお断り。

本当の意味での「自律」。
つまり「自分との闘い」が始まった。
おそらく多くの受験生に立ちはだかる壁。自分を律することは、容易いことではないと思う。

私も、彼らと同じだ。
一歩先、一段上へ進むためには、
他者の目を気にするよりも、自分の軸に対して
もっと真摯に(自律して)働かねばならないと思う。


2019年09月16日

実力テスト

秋田県内の各中学校で行われている中3向け実力テスト。
いまは、実質1社の独占状態になりつつあるのをご存じだろうか。

恐れていたことは、遂に起こってしまった。
某教材会社が、秋田から支店を引き払ってしまったのだ。

内容の良し悪しを論じる必要はないが、中学校の先生方が実力テストの問題を選択することができないまま、卸業者から購入しなければならない。


この状況は非常に危険である。
内容の吟味もできない、もはや選択権は無いのだ。

我々にもすでに影響は出ている。

各塾は、そのテストでいい点数をとるために
生徒をがんばらせる。
それは、入試のため?
それとも、実力テストのため?

悩み始めている先生方が、このあと増えてくるはずだ。

2019年09月17日

コミュニケーションの差

今日の授業は、高2が考査期間に入っているので、小6生の授業のみとなりました。小6国語は、来週から2nd教材に入ります。

午後7時以降は「プリント学習システムeトレ」と「自習時間帯」に設定していましたが、何を言わずとも中3生と高3生がちゃんと集まってきます。

「授業日ではなくても、すべきことがあれば塾に来る」という、わが塾の「伸びる生徒の典型的な行動」が身に付き始めました。

たしかにこの時間、彼らは勉強していますし、分からないことも、ちゃんと質問しています。ただ、それ以上に大切なのは「私や塾の仲間たちとのコミュニケーションをとる時間」でもあるということです。

コミュニケーションをとるのが苦手な子で…と入塾時にうかがっていたお子さんでも、成績が伸びている生徒であれば皆、「あれっ?入塾するとき、人見知りとか言っていたよね?」という有様。人見知りな様子は、微塵も残っていません。

塾の環境が良く、他の中学校の生徒たちからの良い刺激を受けて、学校よりも愉しいのだそうだ。人見知りらしかった生徒たちも、今では塾の輪の中にとけ込んでいます。

「自分にとって必要不可欠な居場所」を見つけるには、それなりにコミュニケーションをとらなければ手に入らないということなのでしょうね。知らないうちにその力を身に付けている、子どもたちの順応性には驚かされます。

2019年09月19日

「国語」といふ教科

わが塾は「国語力養成塾」の名のもと、全学年で国語を必修化しています。

学習の基盤となる国語の力をできるだけ養成したところに、各教科の知識や技能を積んでいく。そしてまた基盤の強化を…という繰り返し。まさに、国語は土壌・基礎部分であり、他の教科は植物・動物、建築物のようなものです。

受験においても、国語の学習を通して、他の教科に大きな波及効果を生む点で、最重要教科であると考えています。

「国語指導における大切な事項」は、塾生だけが享受されるべきことですから、あえて具体的な事項までは書きませんが、少なくとも、その場しのぎで対処できるようなものではないということを、知ってもらいたく、以下で述べます。


 我が塾に入ってからの指導に限って説明しましょう。我が塾の指導ではいくつかの「関門」が待ち構えています。

 第1の関門は「小6」に訪れます。これは非常に「特殊な」指導になります。この指導をクリアできた生徒は、中学校での国語では大きな不安要素は抱えません(いろいろとサボると、誰もが成績に不安を抱えますが)。中3の高校入試模試(全県模試)の上位層(とりわけ国語)に名を連ねる生徒たちは、この指導を受け、クリアしてきた生徒たちばかりです。


 第2の関門は「中3」です。中1以降に入塾した生徒は、残念ながら第1の関門の「特殊な」指導を受けていません。しかし、この「特殊な」指導は、中3段階で適用すると、効果がなかったり逆効果になったりする恐れがあり、中学生の彼らに提供するのは、少々リスクがあります。

 そこでリスクを回避したものとして実践しているのが「良質な文章、良質な問題を解くこと」なのです。受験を制するための国語とどう向き合うのか。

ポイントは

・教材選び

・教材使用のタイミング

・授業時の工夫 の3点です。

上記3つについて「指導経験」「教材研究」および「私の感覚」をもとに適切な選択肢を採用し、指導しています。

ちなみに、第1回全県模試の国語は、塾内平均が全体平均よりも20点弱高くなりました。長く通っている生徒が多い学年では、すでに相応のレベルまで仕上がっており、ここから入試レベルへの引き上げだけという、順調な流れができております。

「特殊な」指導に加え、教材の選択・タイミング、授業とがうまくかみあうと、優秀な成績を収める生徒が増え始めます。今年は、他教科についても同平均で10~20点のプラスとなっており、このあとの「仕上げ」にポイントが移ってきております。

とはいえ、順調に教務が進んでいることのあらわれです。

さて、第3の関門は…。

(次回へ続く)

2019年09月19日

「国語」といふ教科➁

第3の関門は,高2の後半から大学受験までの期間。

私からの質問に、どれだけ簡潔に答えられるか。
私に納得のいく説明(半ば説得のよう)ができるか。
文章については、大意をつかみ、要所における細部を説明できるかどうか。

たった、これだけのこと…とは思わないでください。

長く指導を受けてきた生徒たちが、
この授業が一番厳しかった、と申しておりました。

この授業は、決して真似をしてはいけません。
細かな部分に気を配り、長い年月をかけて作り上げた指導法。
中途半端に真似をすると、皆、逃げていきます(笑)まさに紙一重…。

2019年09月21日

「前期選抜」への誤解

秋田県公立高校入試では「前期選抜」「一般選抜」の2種類の選抜方法と、「二次募集」の合計3回に分けて合格者が決まります。その中で最も注意しなければならないのは「前期選抜」です。

●「前期選抜」の良い点(一部)
1)学力検査以外の点(部活動など)について、積極的に評価してもらえる
2)数理探究などハイレベルな学習を志す生徒の「入試の不安」が軽減される
3)他の生徒よりも先に合格が決まり、早めに本格的な練習等が再開できる

しかし、前期選抜についてはかなり注意しなければならないことが多く、注意点の内容を知らなければ、高校側に迷惑をかけてしまいます。また、自分の進路を拓けないことが早期に出てくる場合もあります。

前期選抜を受験する、ということは
「高校卒業後の進路を、それなりに定め、覚悟して臨む」ことであり、
「早く合格を決めたい」という浅はかな気持ちだけで臨んではいけないのです。

ここまでが、当塾からの前期選抜に関する「一般的な心構え」の基礎情報です。
当塾では、さらに細かな「注意点」を説明し、最終的な決断をします。

秋田県教育委員会は、いま「前期選抜」を中心に、今後の入試制度のあり方について検討しています。高校や中学校の先生方、教育現場の声を受けて、すべての選抜方法が「生徒の進路を、より多様なものへと導いてくれる方法」へアップグレードされることを切に願っています。

2019年09月27日

先手必勝

当塾は、学力を「伸ばす」ための塾です。

「先手必勝」

必要な入試情報は、できるだけ早く仕入れます。
その分、生徒たちは早めに危機感をもって
取りかかれますからね。
学力が伸びる時期は、人それぞれ。
だからこそ、情報入手には気を遣っています。

また、明文化されていない情報であっても、
しっかりと傾聴するように心がけています。

周りの皆と同じことしていたら、
確実に「勝利」は得られません。
「周りは、もっと苦労し、工夫している」
そうやって、自分を鼓舞させねば!!

「全員合格」「逆転合格」
これらは全て「先手」で始まるのです。

2019年09月29日

最大公約数

10月6日(日)の第2回全県模試が、
秋田県社会福祉会館で行われました。

模試の結果を飾らずに表現すると、「順当」なものでした。
生徒それぞれが抱える課題の克服を含め、
今後の学習に、大いに活用したいと考えています。

公立高校入試まで、あと5か月。
今すべきことは、今こそ取り組むべきです。

基礎基本が必要なもの、実践演習が必要なもの、応用力を試すもの。
それぞれに吟味して取り組ませながら、
「最大公約数」としての授業に一層力を入れていきたいと思います。

 

わが塾の基本スタンスは
授業+eトレ+自学で、学力を伸ばす、というものです。
伸びに伸びている生徒たちは、この3つの配分比が
自分にしっくり来るものになっているのです。
だからこそ、伸びます!!自ずから然り!!

一斉指導がメインでも、実は個々に対応を変えています。
細かなところで、かなり気を遣っていますが
目線の合わせ方、発問のタイミングや回数なども
どれほど少ない人数であっても、よく考えています。

また、全員をできるだけ希望する高校に合格してもらうためには、
皆と同じことを、同じようにさせているだけでは成果が出ません。
どこか、その生徒の心の琴線に触れるような、
その生徒が最も必要としているものを提供したいというのが、
私なりの教務手法です。

さて、模試の次は「合宿」です。
届けたいメッセージをしっかりとまとめて
授業にじっくりと、これでもかと練り込みます!!

2019年10月07日

好調の、その先へ。

10月13日(日)、14日(祝)の合宿を終え、徐々に受験に対して前向きに向かっていこうとする生徒が増えてきました。

実力テストが平易な中で「たやすく合格できるのではないか」という安易な考えが広まりそうな予感もありましたが、今のところ、実直に向かう生徒が増えてきて、クラス全体にも緊張感が増し、合宿をした甲斐があったなと思う今日この頃です。

さて、今日、成績処理班から第2回秋田県全県模試の成績票を手渡されました。
わが塾としては、過去にないほどの好成績でした。絶好調そのものです。

しかし、楽観視しているわけではありません。

志望校は人それぞれで、合格ラインに到達している者、ボーダーライン上の者、まだまだ上を見上げなければいけない者とが混在する状態であることは否定できません。勿論、これは毎年のことで、今年に限ったことではありません。一人ひとりの希望を叶えるためには、まだまだすべきことはたくさんあります。

とはいえ順調ですから、
ここまで来ると、次の懸念事項は
「過信」です。

好調ムードに水を差すのが、意外に好調な生徒「自身」の過信から出る言葉。自らを磨き続けることができるかどうかは、「合格したいという思いをどれだけ継続できるか」にかかっていると思います。過信しないように、必要なことは最低限取り組んでもらって、その先は生徒それぞれに個別に提案をしていますが、過信だけが一番心配です。

まだ基礎が十分備わっていない部分があると判断している以上、入試問題を闇雲に解いても、まだそれに対応しうる力などありません。今は、着実に階段を上がるがごとく、我慢のしどころです。もう少し進めば、公立高校入試の過去問にたどり着ける!

私も、生徒も、ただひたすらに合格する姿を描きながら、実直に、ひたむきに学びを継続していきます。そうやって、今まで合格を一つひとつ勝ちとってきたのですから・・・。

2019年10月18日

新年のご挨拶

2020年は、1月2日(木)から始まります。

今年も宜しくお願い申し上げます。

2020年は、わが塾にとってはマイナーチェンジの年です。
採択教材を一部見直し、各教科の更なるレベルアップを図ります。

現中2生はの公立高校入試は「2021年度入試」になるため、
○○○の見直しが入ります。
昨年度までの☆☆がそのまま進路指導には使えない予定です。
そこで、わが塾は、それを見越した進路指導を行います。

また、秋田県の公立高校入試も
新指導要領に合わせた
約8年に一度の定期的な見直しを行なっています。


教育委員会の公開資料によると、
検討が日程通りに進めば現小6、
間に合わなければ現小5から新入試制度での選抜になります。
検討のメインは「前期選抜」の見直し。
学校現場は勿論、我々塾業界からも問題点が指摘しています。
制度上の問題の多くは、そこにあることから
今後の検討で改善されることを大いに期待します。

大学入試に至っては、すでにご存じの通り、杜撰な政策運営につき
多くの生徒が混迷する事態に発展していますが、だれも責任はとらず
旧来のセンター試験に準じた新傾向のマーク式の問題を作成して、
何事もなかったかのように実施するのでしょう。


2020年、入試制度から目が離せません。
情報は常に更新しつつも、
トレンドに流されず、冷静に選択して採択する。
生徒のためならば、私はそれが一番賢明な策だと思います。

そして20年間、県を跨ぎ、塾業界で働いていると、わかってきます。
この塾はうまくいっている、この塾はうまくいっていない、の違いが。
だから「うまくいっている」塾であり続けたいと思うのです。
だからこそ、日々精進。
謙虚に教務活動をすることが全てにおける前提だと考えます。

2020年01月01日

秋田の公立高校入試が、変わります。

【秋田の公立高校入試が、変わります。】

早ければ2023年度入試(現小6生)から、秋田県の公立高校入試が変わります。詳細はまだ決まっていない模様ですが、ポイントは以下の3点です。

1.前期選抜と一般選抜を同日実施する
2.前期選抜と一般選抜の筆記試験は5科共通問題になる
3.二次募集自体は変更しない

前期選抜を3月実施に変更すると、公立高校入試を受験する生徒は、どの選抜方法であれ、5教科の学習を2月末までは、しっかりと行なった上で受験することになります。

これまで前期選抜は「1月下旬」に実施され、2月上旬には合格が内定していました。しかも筆記試験は国数英3教科のみになっていましたから、今後は、12月~2月近辺の理科・社会の授業態度がかなり改善されることが期待されます。

秋田の学力を大きく下げる要因の1つであったこの制度の改善により、中学3年間は少なくともちゃんと勉強する仕組みになります。

細かい部分は、他の政策と同様に、答申後に教育庁内でしっかりと練り、議会に諮り、公表を経て、成案となるはずです。

くれぐれも、運用しづらい複雑なものになったり、理想論ばかりをならべた形式的なものになったりしないように監視する目がほしいですね。

高校サイドが入学するにふさわしい生徒を「適正」に選抜することができるものに仕上げてほしいと思います。「あとは高校に入ってからの過ごし方次第ですね」と言えるだけの制度になることを願うばかりです。

2020年01月16日

前期選抜を終えて

いよいよ2月です。

中3生は私立併願試験、公立高校一般選抜へと進んでいきます。

高3生は国公立大二次試験、私立大学の一般入試が本格化します。

 

さて、昨日は「公立高校前期選抜入試」でした。

問題は相変わらず旧タイプで、オーソドックスな出題だったと思います。

 

数学の問題に一問、誤りがありました。

あれは「辺」ではなく、「直線」にすることで防げるものですが、

三角形の出題にこだわりがあったのだと思います。

 

おそらく、出題者の「思い込み」とチェック機能の甘さが原因だと推察されます。

まず、自分で解いてみれば気付きます。

「あれっ?辺の延長線上でしか高さが求まらないぞ!!!」

「辺」ではなく「直線」だと思い込んでいたら、ミスには気づきません。

勿論、ちゃんと解いていなければ

作成者もチェック側も、誰も気づくことはないでしょう。

 

私自身も、模試作成を担当していますが、ミスが出る所は決まっています。

1)問題を修正した後に、解答解説を修正し忘れる。

2)解答解説を直した後に、問題を直し忘れる。

3)自分や他のスタッフが解いても気づかない答えが出てくる。

多くは、この3つのいずれかになります。

私自身も、作成者側の気持ちはよく解っていますよ。

 

今回の前期選抜の誤りは、パターン3)に該当すると思うのですが

昨年度の一般選抜の社会科の出題に関する件もありますから

出題する以上、チェックは手抜かりなくお願いしたいものです。

 

勿論、自戒を込めて。

2020年01月31日

「全員合格」と「ストーリー」

公立高校入試の一般選抜合格発表が終わりました。
一斉指導クラス8名,個別指導:1名 計9名の合格・進学先です。

今年度の公立高校入試一般選抜は、合格率100%を達成致しました。
開塾して7年、5度目の100%達成です。

秋田高校   2名

秋田南高校  3名

秋田北高校  1名(前期)

秋田工業高校 1名

新屋高校   1名

秋田商業高校 1名

今年は、各中学校の実力テストの結果が
そのまま鵜呑みにできるほど私の感触通りのものではなかったため、
秋田県全県模試の結果を参考に、それぞれに進路指導を行いました。

受験校ごとの特徴などを考慮し、
どの教科でどのぐらいの「てこ入れ」すべきかを
丁寧に指導していきました。

同じ模試を使っていても、同じテスト結果を用いていても
結局は、その塾次第なのだと思います。

どの塾でも共通しているのは
不合格者が出たとしても、そこには必ず「ストーリー」があります。
わが塾も2年前、3年前にパーフェクトを逃がしました。

「点数が明らかに足りなくても勝負をかけた・・・」のが、4名。
あと少しだったのかもしれない…当時は悔しさでいっぱいでした。
親御さんから「最高得点を出してくれたからさ・・・という慰めも
全くもって受け入れることができなかった、あの時の自分。
今でも、光景とともに当時の心情もよみがえります。


合格者だけでなく、不合格者にも「ストーリー」があります。
私たち塾講師は、生徒たちのストーリーの中にいる登場人物です。
ときにストーリーの内容を大きく変えてしまう脇役です。

今年のパーフェクト達成は、
塾としては大変誇りに思います。

一方で、これは一つひとつのストーリーの総体なのであって
パーフェクトは、その総体としてできたものの一つなのです。

ですから、パーフェクトを達成しても、
私に緩みなどありません。
次々に新たなストーリーが始まり、私も加わっていきます。

 

常にパーフェクトを目指し、精進していきます。
そして、塾生たちのストーリーに登場し、
彼らの歩みを伴走していきます。

これがまさに「オンリーワン」の進路指導です。

勉強に不安を抱えている生徒諸君、
この「オンリーワン」の指導を受講したい諸君には
まだ、座席があります。
昨年のように
入りたくても満員でお断りするようなことになる前に
来ていただけたら、私もストーリーの脇役になります。

2020年03月15日