本文へスキップ

秋田受験ゼミナールは、国語力強化に重きをおく進学塾です。

TEL. 018-827-3451

〒010-0973 秋田県秋田市八橋本町1丁目1-32八橋ビル2F

教育理念・教育方針CONCEPT

弊塾の教育理念

深い学びで「慧眼」を養う
 「慧眼」とは仏教用語の一つですが、一般的には「物事の本質を見抜く力,洞察力」を指す言葉です。
 私たちが生きる現代社会はいま、「情報過多の状態」に陥っており、必要な情報や正しい情報を求めようとしても、簡単に辿り着けないときがあります。それは「言葉が独り歩きする」「言葉の裏側にある本質が見えなくなってきている」ことにも関係しています。
 
私たちは開校以来「国語力」の強化を提唱し続けてきました。勿論、これからもその必要性は訴え続けますが、その一方で、長く使ってきますと、次第に様々なところで「国語力」「読解力」という言葉を見かけるようになりました。言葉はコミュニケーションツールですから、このままいくと、「国語力」や「読解力」などが「単なる宣材道具」として用いられるのも、もはや時間の問題ではないかと危惧するようになりました。国語という教科を「基盤教科」として、塾生たちに指導している私からみると、ずいぶん力の薄れた言葉になってしまったように感じられます。
 同時に、オンライン上でSNSをはじめとする便利なツール・アプリが次々に開発され続けています。情報の共有やネットワークの広域化が進むという良さがある一方で、
私たちは日増しに「手軽さ」「効率の良さ」を手に入れると同時に「面倒なことを排除する」のを当然のことと思い始めています。指導現場に立つ者として、この変化はここ数年で顕著になってきています。
 みなさん、もうお解りですね。
「物事の本質を見抜く」という「面倒なこと」は、いま排除されつつあるのです。本質を追い求める以上に、結果を急いて求める時代になり、他人の話を傾聴することが面倒で、聞いたふりをしてやり過ごす大人が、増えに増えています。これは、子どもたちを育てる大人の問題だけではありません。大人を見て育つ子どもたちの問題にもなるのです。
 
まず、傾聴して情報を素直に受け入れるだけの「うつわ」を、ちゃんと作ること。そして、その「うつわ」に情報を入れていきながら、物事の本質を見抜くための知識を蓄えること。そして、処理すべき情報に遭遇したときは、その知識でフィルターをかけて、本質を見抜くこと。これからの時代は、情報過多な現代・未来の社会を「どう見抜いて」「どう発信して」いけばいいかを考えなければなりません。トライ&エラーを繰り返しながらも、私たちは「慧眼」を養わなければならないのです。少なくとも、それを考えていけば、ほかにも養うべき「眼」は出てくるでしょう。
 国語力や読解力は、その「慧眼」を養うためのツールにすぎませんが、これらが基盤であることは揺るぎないと思います。少なくとも、
国語力や読解力というものの本質は何か。その答えを考えるための素材が、この塾にはちゃんとあります。

教育方針

当塾の教育方針に基づいて教務活動を行うべく、次の目標を掲げています。
  1 志望校合格へと導く、妥協なき指導の実践
  2 社会のニーズに応じた、変化に対応できる柔軟性ある生徒の育成
  3 郷土秋田を大切にしながら日本・世界各地で活躍する社会人の育成

合格実績(過去9年度分)

〔高校部〕
 2015年度 中央大学、獨協大学、都留文科大学、新潟大学(後期)
 2016年度 秋田リハビリテーション学院、北海道科学大学(スタンダードクラスからの進学)
 2017年度 成蹊大学(経済)、秋田大学医学部保健学科、成城大学(経済)、東洋大学(経営)
      ※自治医科大学医学部医学科(2016年3月:高校部卒塾生)
      ※秋田大学医学部医学科(2016年3月:高校部卒塾生)      
 2018年度 日本赤十字秋田看護大学【進学先】
 2019年度 大東文化大学【進学先】
 2020年度 長岡大学【進学先】
 2021年度 弘前大学医学部保健学科,東北学院大学工学部、大和大学政治経済学部【全員進学先】
 2022年度 秋田大学理工学部【総合型選抜で合格:進学先】

〔中学部〕
 2014年度 秋田高校
 2015年度 秋田北高校、秋田西高校、秋田商業高校
 2016年度 秋田北高校、秋田中央高校、新屋高校、〔県外〕大阪教育大学附属高校、羽黒高校
 2017年度 秋田南高校、明桜高校、聖霊高校
 2018年度 秋田高校、秋田中央高校(2名)、大館鳳鳴高校、秋田工業高校、聖霊高校、明桜高校
 2019年度 秋田北高校、秋田工業高校(2名)、新屋高校、秋田商業高校
 2020年度 秋田高校(2名),秋田南高校(3名),秋田北高校,秋田工業高校,新屋高校,秋田商業高校
 2021年度 秋田中央高校,秋田工業高校(2名)
 2022年度 
秋田高校,秋田南高校,秋田北高校,秋田中央高校(2名),秋田工業高校(5校計6名合格)
       聖霊高校(併願),国学館高校(専願),明桜高校(併願)
 

〔小学部〕
 2017年度 秋田大学教育文化学部附属中学校(一般募集枠)
 2019年度 秋田大学教育文化学部附属中学校(一般募集枠)


弊塾のご紹介

CEO

秋田受験ゼミナールでは、小学5年生から高校3年生の全クラスで国語を必修化しています。実用的な文章ばかりでなく、良質な文学からメッセージ性の高い評論に至るまで、塾長が厳選した教材をもとに、受験指導を行っております。

これまで、国公立大学(医学部医学科・保健学科、経済学部など)や私立大学を中心として、塾生たちが希望する進路を拓いてきました。受験対策をしながら「未来を拓く国語力」を育み、伸ばす場所として、秋田市の閑静な官庁街の片隅で、こじんまりと運営しております。


塾長経歴

出身地
秋田県秋田市
小学校
仙台市立遠見塚小学校(校舎の東隣に前方後円墳があります!)
中学校
秋田市立秋田東中学校
高 校
秋田県立秋田中央高等学校(当時の入試倍率は1.8倍近くありました!)
大 学
山形大学人文学部総合政策科学科
大学院
山形大学大学院社会文化システム研究科(修士課程)
指導歴
通算24年 (山形県:11年  秋田県:13年)
免 許
高等学校教員免許状(専修:高校公民科)

バナースペース

秋田受験ゼミナール

〒010-0973
秋田県秋田市八橋本町1丁目1-32八橋ビル2F

TEL 018-827-3451
FAX 018-827-3451